京橋・宝町法律事務所

事務所概要

ご挨拶

京橋・宝町法律事務所(旧梅本・栗原・上田法律事務所)は、徳川時代からの悠久の歴史を有しつつも、なお商業・文化の中心として発展を続ける東京京橋・宝町の地に開設された法律事務所です。 当事務所の前身である梅本・栗原・上田法律事務所は、弁護士一人事務所で陥りがちな独善的なサービスの提供を回避しつつ大規模事務所ではなし得ない小回りの効いたオーダーメイドのサービスを皆様に提供すべく、互いに信頼の置ける弁護士3名にて、東京麹町・半蔵門に開設されました。この度、ここ京橋の地に移転し、決意を新たに、さらなる良質のリーガル・サービスの提供に努めて参ります。 当事務所は、企業、個人を問わず、皆様の法律問題について、随時ご相談をお受けしております。 とりわけ、各種企業法務、公益・一般法人(社団・財団法人)等の非営利法人法務、不動産法務に関して強みを有しております。 私たちは、全員の英知を結集し、迅速かつ丁寧なサービスを皆様に提供し、皆様の不安を取り除き満足と安心を確保することを最大の使命と考えております。 引き続き、京橋・宝町法律事務所にご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。
京橋・宝町法律事務所

事務所概要

名称京橋・宝町(たからちょう)法律事務所
(旧名称 梅本・栗原・上田法律事務所)
設立平成25年1月4日
住所〒104-0031
東京都中央区京橋2-11-4カクトビル宝町8階
電話/FAX03-6272-6918/03-6272-6919
受付時間平日9:30~18:00
(事前のご相談があれば、時間外・休日対応いたします。)
人員弁護士4名、事務職員1名(平成31年4月現在)
マネージングパートナー梅本 寛人

沿革

  • 平成25年1月梅本 寛人栗原 大上田 啓子の弁護士3名にて東京都千代田区麹町に梅本・栗原・上田法律事務所を設立。
  • 平成30年11月事務所を東京都中央区京橋に移転。事務所移転を機に事務所名称を京橋・宝町法律事務所に変更。
  • 平成31年1月安江 克典弁護士が加入。
沿革