KYOBASHI TAKARACHO PARTNERS

リーガルカウンセル(法律顧問)

企業、各種法人・団体の運営において、継続的に法的アドバイスを受けたい場合は、弊所をリーガルカウンセル(法律顧問)としてご活用ください。

リーガルカウンセル(法律顧問)は、御社にとってのいわば「かかりつけの弁護士」「法律の用心棒」とでもいうべき存在です。

法律顧問を置くことによって、貴社には以下のような様々なメリットがもたらされるとともに、法律事項に関して万全のサポートを得ることによって御社の持続的な成長も可能となります。

リーガルカウンセルのメリット

いつでも直ちにご相談可能

通常、弁護士に相談をしたい案件があるときは、弁護士を検索・選定し、相談費用を確認し、アポイントを取り、相談内容を知らせ、相談の席では企業・団体の概要からまず説明し・・という過程を経ます。

しかし、弊所とのリーガルカウンセル契約を結んでおけば、弊所は企業・団体様と日常的に接していますから、社風、ビジネススキーム、事業内容等を予め理解しており、いつでも直ちに相談を行うことが可能です。

また、そもそも法律上の問題なのか?弁護士に聞くことか?と疑問に思われる事項もあり、新規の弁護士に相談することは躊躇を覚えるものですが、リーガルカウンセルであればそのような懸念もなく、気軽に相談することが可能です。

迅速な案件対応が可能

例えば、契約書の作成やチェックについて弁護士に依頼したい場合、通常、事業の背景やスキームの概要を説明し、弁護士費用の交渉・確定を経て、実際に弁護士が作業に着手するという過程を経ます。

しかし、弊所とのリーガルカウンセル契約を結んでおけば、複雑な契約書でない限り、ドラフトをメール等で送るだけでチェックを依頼でき迅速に回答を得られます。

これは、契約書に限らず、何らかの事項について法的意見を求めたいという場合も同様です。

トラブルの未然防止と早期解決が可能

リーガルカウンセルの最大のメリットは、弊所と企業・団体様が、危機時ではなく平時から、継続的に関係を有し、信頼関係を確立することが可能になるという点です。

このことにより、例えば上記の契約書作成・チェック業務においても、紛争の芽を予め摘み、トラブルの未然防止を確保することができます。

さらに、いざ紛争が発生した場合、長期戦となる場合も多いですが、その場合に重要なのは依頼人である企業・団体様と弁護士との信頼関係です。しかし、リーガルカウンセルであれば既に信頼関係は確立していますからこの点で何ら心配はありません。これにより紛争の早期解決も可能となるのです。

コストの削減が可能

法務マターというのは、それ自体売上拡大に寄与するものでもなく、どちらかというと、何か問題があった場合に困るからチェックはしておきたいが、しかしそれだけのために多くの費用は掛けられない・・というのが実情ではないでしょうか?

その意味で、専属の法務職員を採用し養成することと比較して、弊所とのリーガルカウンセル契約の締結はリーズナブルな選択であり、加えて、法律の専門家によるアドバイスをタイムリーに受けられるという点で、コストを削減しつつ最大限のメリットが得られるものということができます。

リーガルカウンセルのプラン

  • ミニマム

    必要最小限のリーガルカウンセル

  • ¥55,000/ 月

    税込

  • 5時間程度(/月)以内での電話・FAX・Eメール・面談での法律相談
  • 1文書程度(/月)内での簡易な契約書、意見書等の作成・チェック
  • 裁判や交渉などの案件をご依頼の場合、弁護士費用を通常の価格より8%OFF
  • スタンダード

    もっともポピュラーなリーガルカウンセル

  • ¥77,000/ 月

    税込

  • 7時間程度(/月)以内での電話・FAX・Eメール・面談での法律相談
  • 2文書程度(/月)内での簡易な契約書、意見書等の作成・チェック
  • 裁判や交渉などの案件をご依頼の場合、弁護士費用を通常の価格より10%OFF
POPULAR
  • プレミアム

    御社に最適なリーガルカウンセル

  • ¥110,000~/ 月

    税込

  • 原則無制限にて電話・FAX・Eメール・面談での法律相談が可能
  • 原則無制限にて簡易な契約書、意見書等の作成・チェックが可能
  • 裁判・交渉などの案件の弁護士費用を通常価格よりOFF(割合は契約時に設定)

リーガルカウンセル(法律顧問)・主な担当弁護士

03-6272-6918