京橋・宝町法律事務所

一般法人設立、公益認定申請支援

一般法人の設立、公益認定申請を支援します

当事務所は、一般社団・財団法人の新規設立(定款作成・認証、設立登記等)、一般法人から公益法人への移行を所轄行政庁に申請すること(公益認定申請)に関するご相談にも対応いたします。

公益法人制度改革により、それまで行政(主務官庁)の認可を得るために複雑な手続が必要であった社団法人・財団法人の設立が極めて簡略化され、登記のみによって一般社団法人、一般財団法人を設立することが可能となりました。また、よく誤解されがちですが、これら一般法人が行う事業の種類に特段の法的制限はなく、公益的な事業に限らず、まったくの営利事業や共益的な事業を行うことも可能であり、上記の設立の容易さも相まって、一般法人の設立は増加の一途をたどっており、一般法人ブームともいえる状況になっています。

これに対して、公益法人(公益社団法人、公益財団法人)を設立するためには、まず一般法人を設立した後に、所轄行政庁(内閣府あるいは各都道府県)に公益認定申請を行い、公益認定を受けることが必要です。この公益認定の手続も、従来の主務官庁による法人の認可と比べれば、ルールが明確化され、時間も短縮されたといえますが、一般法人の設立に比べれば、段違いに複雑であり、行政庁によるチェックが入るとともに、行政庁との折衝も必要となります。このような手続の影響もあってか、公益法人の新規認定の件数は、想定されたものよりも少ない現状にあるようです。

当事務所は、一般法人の設立はもとより、公益認定申請についても、代理人として申請書類の作成、行政庁との折衝等を行い、法人の皆様を支援いたします。